プラセンタドリンクランキング【人気♪】

プラセンタは製法によって質が変わる?

 

胎盤から抽出するプラセンタはその抽出の仕方によって有効成分の含有や得られる効果に違いが出てきます。また同じ抽出法をとっていても企業の技術によって有効成分の抽出率は変わってきます。

 

 

【プラセンタの抽出法】

 

加水分解法

塩酸を用いて胎盤の細胞膜を破壊し分解することで有効な成分を抽出する方法です。この方法だと塩酸によって一部の有効成分が破壊されてしまうため、高品質ではなくなってしまうのが難点です。

 

酵素分解法

酵素を用いて胎盤の細胞膜に反応させ分解することで有効成分を抽出する方法です。この方法は加水分解法と違って塩酸を用いないため多くの有効成分が破壊されずに残り、高品質なプラセンタエキスが抽出できます。

 

高圧酵素分解法

高気圧状態の中で酵素分解法により有効成分を抽出する方法です。高圧により細菌が死滅し、酵素が活性化するためより高品質の成分抽出が可能となっています。

 

分子分画法

特殊なフィルターを用いてろ過することで有効成分を抽出する方法です。加熱処理や塩酸で有効成分が破壊されることもなく、フィルターによって不純物も取り除けるので非常に高品質なプラセンタに仕上がります。

 

培養細胞法

胎盤の細胞を取り出し、それを人工的に培養することで有効成分を増殖させて利用する方法です。加熱処理を必要とせず不純物が混ざることもないため高品質のプラセンタエキスができあがります。ただしこの方法は高い技術が必要であり費用もかかるため製品価格も高めになってしまいます。

 

凍結融解法

凍結と融解を繰り返すことで胎盤の細胞膜に傷をつけ、有効成分を抽出する方法です。低コストで処理が簡単な方法ですが有効成分の抽出が少なく、不純物も多いため低品質なものとなってしまいます。

 

凍結酵素抽出法

低温処理で摘出された胎盤を酵素で分解することで有効成分を抽出する方法です。熱によって有効成分が壊されることがなく、酵素による分解抽出のため高品質のプラセンタが抽出されます。しかし時間や手間がかかるため製造コストが高くなってしまうのがデメリットです。

 

 

基本的には手間やコストがかかる抽出法は高品質のプラセンタエキスであるといえます。その分購入する際は価格も高くついてしまいますが、有効成分が多く含まれかつ安全性の高いほうが好ましいでしょう。