プラセンタドリンクランキング【人気♪】

目の下のくまやくすみの原因と対策

 

顔にクマがあるとどうしても疲れて見えたりしますよね。メイクである程度カバーはできますが、根本的な改善にはなっていないのでなるべく早めに取り除いてすっきりした顔にしましょう。

 

 

【クマの種類】

 

茶クマ

茶クマは紫外線や肌が乾燥による痒みで擦りすぎてしまったりすることで起こる色素の沈着によるものです。肌の乾燥は目元のくまだけではなく肌全体でシワやシミの原因になってくるのでしっかりとケアしていきましょう。

 

青クマ

青クマは血行不良が原因で起こるクマです。パソコンやスマホの画面を凝視しすぎることで血流が滞り、クマの原因となっていることが多いようです。その他にも生活習慣の乱れや睡眠不足、喫煙による血行不良でも青クマは現れます。また遺伝的に目元の皮膚が薄いとクマは目立ちやすいようです。

 

黒クマ

皮膚のたるみや凹みによって現れる黒クマの主な原因はやはり老化でしょう。黒クマは他のクマとは違って肌の形によっておこるものなのでメイクでは隠しにくいクマです。基本的に肌の凹凸によってできる影がクマとなっているため、上を向くと消えたりします。

 

 

【クマの対処】

 

茶クマ

目元の紫外線の対策と乾燥を防ぐようにしましょう。肌のターンオーバーを促進させるFGF(線維芽細胞増殖因子)やビタミンCを摂取したり、ヒアルロン酸やセラミドが配合された保湿用の化粧品などを使うとよいでしょう。アイメイクを落とすときにもこすり過ぎると色素沈着の原因になるので注意しましょう。

 

青クマ

血行不良の原因を軽減あるいは排除することが必要でしょう。睡眠不足であれば十分な睡眠を取るようにしたり、画面を見過ぎであればある程度の時間で休憩するようにしましょう。喫煙している方はその他の健康も考えて禁煙をおすすめします。

 

黒クマ

他の2つのクマと違ってメイクでは隠しにくく、隠そうとすると逆に目立ってしまいます。黒クマの原因は顔のたるみなのでコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど肌の内部から働きかける成分で肌のハリをよくしましょう。

 

 

【クマは病気のサイン?】

 

クマは目元にできるからといってその周辺だけの問題ではない場合があります。特に青クマは血行不良で出来るクマですが、血中の鉄分が不足して貧血になっている時にもできます。また、肝臓の機能が低下して血液中の老廃物が多くなると血行不良になり、これもまたクマとして現れることもあります。他にも病気によって起きる血行不良がクマとなって現れるケースがあることを理解しておきましょう。